とくとく日記

私の気になることなら何でもかいちゃうブログです
MENU

黒川温泉でお好みの旅館をチョイスしてのんびり過ごしませんか?

黒川温泉の宿泊旅館
むかしむかしのそのまた昔の身代わり地蔵伝説に始まり、江戸時代には肥後細川家の藩士たちの保養所として整えられ、さらには参勤交代の大名行列一行が旅の疲れを癒す宿として栄えた黒川温泉。筑後川に流れ込む田の原川沿いの小国杉に覆われた山間に軒を連ねる温泉宿は、かつての旅籠を思わせるような情緒ある造りばかり。もちろん、湯船にあふれるのは標高700mの高原に湧く、効能高き泉質の源泉。温泉街を縫うように続く石段や坂道を浴衣姿に下駄履きでそぞろ歩き、お気に入りの湯を求めて温泉巡りを楽しめば、旅の風情がしみてくる。そのうえ、黒川温泉からひと足のばして小国郷温泉を訪ねると、味わい深いひなびた温泉が点在。心も身体も芯から温まり癒される、極上温泉三昧の旅が叶えられる。日田と竹田を結ぶ黒川は江戸時代、参勤交代の中継地にあたり、現在の国道442号は九州歴史街道「松にきく虹の道」という愛称を持つ。毎年10月第1土曜の黒川温泉感謝祭では、髭をつけた奴に扮した地元の人々による参勤交代の大名行列が行われる。そんな黒川温泉で人気の旅館を探すなら⇒黒川温泉の旅館ランキングでお好みの旅館をお探しください。黒川温泉は、切り傷に特効...

» 続きを読む

伊豆で高級旅館を探すなら

伊豆で高級旅館を探すなら
伊豆半島ってどんなところだろう?半島と言うくらいだから海沿いなのは間違いないよね(笑)いろいろ調べると見所が沢山あるし、温泉地多いんですね。一番気になるのは海が近いことで沢山の海の幸が堪能できることですね。伊豆半とは、駿河湾と相模灘を隔てて延びる伊豆半島は海山の幸と温泉が堪能できる。温泉めぐり、食べ歩き、海水浴など楽しみ方はさまざま。自分の目的にあったエリアを見つけて楽しもう!と言うことみたいです(笑)まずは一つ目、東伊豆熱海は日本を代表する温泉街。美術館や文化施設も点在熱海と並び温泉地として名高い伊東は文人に愛された落ち着いた雰囲気。伊東の南部に広がる伊豆高原には個性的な美術館が建ち並んでいる。温泉や河津桜が楽しめる河津温泉郷。湯浴みから芸術めぐりまで魅力がいっぱい。二カ所目は、南伊豆開国当時の名残が残る下田を中心に、美しい海岸沿いにある白浜では海水浴、下賀茂・弓ヶ浜では伊勢エビをはじめとする新鮮な魚介類の食べ歩きなどが楽しめる。石廊崎には断崖絶壁の眺めが堪能できるスポットが点在し、南国ムードがただようエリアだ。続いて三カ所目は、中伊豆緑にあふれ、清流・狩野川の流れに沿って広がるエリ...

» 続きを読む

ページランク

メニュー

このページの先頭へ